ペットから室内を守る工夫

賃貸 ペット

賃貸 ペットについて

ペットから室内を守る工夫

画像
賃貸物件の中にはペットを飼うことができる物件もありますが、どんな動物でもOKという物件ばかりではありません。
むしろ、小型動物だけとか犬はダメとか条件付きの場合の方が多いくらいです。
動物を飼うことができるということが謳い文句の物件であっても、契約する際にはきちんと内容を確認しておくことが重要です。
また、ペットを飼うことができる物件だからといって、部屋を汚していいというわけではありません。
退去後は別の人が入居するわけですから、原状に戻す義務は当然に発生します。
動物を飼っていると、室内の傷や汚れが多くなります。
床やフローリングの傷や尿などによるシミ、壁や柱の引っかき傷など、退去後の修繕がたくさん発生することが予想されます。
それらの修繕費用はすべて請求されますので注意しなければなりません。
できるだけ室内を汚さないように、床にシートを敷いたり、タオルで柱を保護するなどの工夫を行うことが重要になります。